このページを共有する

Xbox 360 で Kinect ゲームをプレイするためのヒント

ゲームについて

ゲームを一時停止する

Kinect ガイド ジェスチャー

Xbox Kinect ゲームのプレイ中に、Kinect ガイド ジェスチャーを使用して、ゲームのプレイを一時停止したり、Kinect ガイドを開いたりします。 こちらを行うには、両腕を体の脇に置きます。 次に、左腕を体からまっすぐ外側に 45 度上げます。

プレイヤーが 2 人の場合のヒント

Kinect センサーから 2.4 m 離れて、並んで立つ 2 人。

各プレイヤーは、Kinect センサーから 2.4 m 以上離れ、互いにぶつからないように十分なスペースを確保してください。

ゲーム プレイヤーが入れ替わる場合:

  • プレイヤーが両方ともプレイ エリアから出て、1 人ずつ戻ります。
  • プレイヤーの服の色が異なること、部屋が明るいことを確認します。「Kinect 用の室内照明の条件」を参照してください。

ゲームがプレイヤーをトラッキングしない場合や、部屋にいる他の人をトラッキングする場合:

  • プレイ エリアにプレイヤーがいないことを確認します。
  • プレイヤーの身長が 1 m 以上あることを確認します。
  • プレイヤーのいずれかが、センサーから 5 cm 離れたところに 3 秒間手をかざしてから、プレイ エリアに戻ります。 センサーに触れないように注意してください。 これで、ゲームは両方のプレイヤーを認識できるようになります。
Kinect センサーの 5 cm ほど前に置かれた手。

Kinect で依然としてプレイヤーを正確にトラッキングできない場合は、「Xbox 360 Kinect センサーの体のトラッキングに関する問題解決の方法」を参照してください。

Kinect を使用したゲーム中のチャット

Kinect センサーは、音声認識およびチャットに使用する内蔵マイクを備えています。 Xbox Live に接続した後、Kinect センサーを使用してフレンドとチャットできます。 (ヘッドセットは必要ありません)。

フレンドとチャットする方法の詳細については、「Xbox 360 本体での Xbox Live チャット」を参照してください。

Kinect マイクをオンにする

Kinect マイクをオンにする前に、ヘッドセット (有線) やワイヤレス ヘッドセットの接続を切断します。 ヘッドセットが接続されている場合、Kinect マイクが無効になります。

[チャット & Messenger] オプションが強調表示された Xbox ガイドを示す画面。

Xbox 360 ガイドから

  1. 本体から、Xbox Live にサインインします。
  2. コントローラーの Xbox ガイド ボタンを押します。
  3. [チャット & Messenger] を選択します。
  4. [Kinect マイク] を選択してマイクのオンとオフを切り替えます。
Kinect ガイドを示す図。

ダッシュボードから

  1. 本体から、Xbox Live にサインインします。
  2. ガイド ジェスチャーで、Kinect ガイドを開きます。
  3. 画面の左下隅にあるチャット アイコンに手をかざして、マイクのオンとオフを切り替えます。

注: マイクがオンになっていても自分の声が相手に届かない場合は、「Xbox 360 における Xbox Live チャットの問題解決の方法」を参照してください。

チャットの音量を調節するには

[プレイ環境設定] の [ボイスの設定] タブを示す画面。

Xbox 360 ガイドから

  1. 本体から、Xbox Live にサインインします。
  2. コントローラーの Xbox ガイド ボタンを押します。
  3. [設定] に移動した後、[プレイ環境] を選択します。
  4. [ボイスの設定] を選択します。
  5. 調整する項目を選択します。
    • [ボイス音量]: 相手の声の音量。
    • [ゲーム音量]: チャット中のゲームの音量。

注: これらの設定は、プライベート チャットとパーティー チャットに適用されます。 ゲームに組み込まれたチャット機能を使用して開始したチャット回線には適用されません。

ヘッドセットを使用する場合

必要に応じて、ヘッドセット (有線) やワイヤレス ヘッドセットを接続することができます。 ヘッドセットを接続した場合、Kinect マイクは自動的に消音されます。 Kinect マイクを使用するには、ヘッドセットを取り外すか、ワイヤレス ヘッドセットの接続を切断します。

エコーが聞こえる場合

チャット機能の使用中にエコーが聞こえる場合:

  1. [Kinect の設定] を開始して、オーディオを調整します。 「Xbox 360 Kinect センサーでオーディオ調整を使用する」を参照してください。
  2. 引き続きエコーが聞こえる場合は、チャットの相手側でもオーディオの調整をしてもらいます。

ビデオ チャット

ビデオ チャットを設定して使用する方法については、「Xbox 360 のビデオ Kinect」を参照してください。

Kinect ゲーム

Kinect で遊べるゲームには次のロゴが表示されています。

'Kinect 専用センサー' ロゴを記載したサンプルのゲーム パッケージ。

Kinect 専用

このロゴが付いているゲームをプレイするには Kinect センサーが必要です。 プレイヤーの体と Kinect センサーを使用して、ゲーム プレイのすべてを操作することができます。 ゲームのコントローラーは必要ありません。

'Kinect 対応' ロゴ

Kinect 対応

このロゴが付いているゲームは Kinect センサーがなくてもプレイできますが、センサーがあればいっそう楽しく遊べます。

KinectShare を使用する

Kinect ゲームには、プレイ中に自分や友達の写真や動画を撮影できるものがあります。 撮影した写真と動画は、KinectShare.com のような Web サイトにアップロードすることができます。 KinectShare.com にアップロードされた写真と動画は、ダウンロードと印刷が可能で、Facebook などのソーシャル ネットワーキング サイトで友達や家族と共有することもできます。

KinectShare.com にアップロードした写真と動画

KinectShare.com や同様の Web サイトに写真およびビデオをアップロードするには、Xbox Live にサインインしており、KinectShare 設定が [許可] に設定されている必要があります。 この設定は、本体のプライバシーとオンラインの安心設定に含まれています。

[Kinect 関連の公開] の設定を変更するには

  1. 本体から、ゲーマータグを使用してサインインします。
  2. [設定] に移動した後、[プライバシー] を選択します。
  3. [設定の変更] を選択します。
  4. [個別に設定する] を選択します。
[個別に設定する] オプションが強調表示された [プライバシーとオンラインの安心設定] 画面を示す図。
  1. [Kinect 関連の公開] を選択します。
  2. [許可] または [制限] を選択します。
    • [許可]: 撮影した写真と動画を、KinectShare.com のような Web サイトやサービスにアップロードして共有できます。 Microsoft アカウントで KinectShare.com にサインインして、アップロードした写真と動画を確認します。 詳細を確認してください
    • [ブロック]: Web サイトやサービスに写真や動画をアップロードして共有することはできません。

    注: 初期設定では Xbox Live の子供用アカウントは [制限]、 大人と 13 ~ 17 才の Xbox Live アカウントの既定の設定は [許可] です。

  3. コントローラーの [B] ボタンを押します。
  4. [保存して終了] を選択します。

家庭内の各人について、以上の手順を繰り返します。 子供用アカウントの設定を変更する場合は、登録されている大人用アカウントの Microsoft アカウント (メール アドレスとパスワード) を入力する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox 360 で Kinect ゲームをプレイするためのヒント" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する