このページを共有する

Games for Windows - LIVE 接続の問題解決の方法

重要: この記事には、PC のセキュリティー設定を低下させる方法やセキュリティー機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。これらの変更は、特定の問題に対処するために行います。変更を行う前に、特定の環境でこの対処方法を実行することによって生じるリスクのご確認をお勧めします。この対処方法を実行する場合は、他の適切な手段を講じて PC を保護するようにしてください。

このページ

Xbox Live サービスのステータスを確認する

警告が表示されている場合は、サービスの再開までお待ちいただき、もう一度お試しください。

ソーシャルとゲーム: 正常に動作
2017-05-26T00:01:24.9639375+00:00

注: Xbox Live サービス ステータスの Web サイトに接続できない場合は、インターネット サービス プロバイダー (ISP) にお問い合わせください。

Games for Windows - LIVE のサポート対象となっている国や地域でサインインしていることを確認します。

Games for Windows - LIVE に接続するには、Games for Windows - LIVE のサポート対象の国や地域で接続している必要があります。Games for Windows - LIVE を利用できない国もあります。詳細については、「Xbox Live サービスを提供している国と地域」を参照してください。

最新の Games for Windows - LIVE ソフトウェアをインストールする

Games for Windows - LIVE にサインインするには、最新の更新プログラムがインストールされている必要があります。この問題を解決するには、Games for Windows - LIVE の最新のセットアップ ファイルをダウンロードしてインストールしてください。

注: このファイルはウイルス チェック済みです。マイクロソフトは、ファイルが提供された時点で使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してウイルス スキャンを実行しています。このファイルは、承認されていない変更がファイルに加えられないように高度なセキュリティーで保護されたサーバーに保管されています。

UPnP を有効にする

Xbox Live に接続するには、UPnP を有効にする必要があります。UPnP IGD (インターネット ゲートウェイ デバイス) プロトコルは、市場で提供されている大部分のルーターとファイアーウォールでサポートされています。ただし、ルーターでは、これらの設定が既定で有効になっているわけではありません。詳細については、ルーターの取扱説明書やヘルプを参照するか、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

大学、図書館、企業などで使用される商用のファイアーウォールは、通常、UPnP IGD 仕様をサポートしていません。学校や寮の部屋からプレイしようとすると、Xbox Live に接続できない場合があります。この場合は、ネットワークで Xbox Live を有効にできるかどうかを施設の IT 管理者にお問い合わせください。

インターネット キャッシュをクリアする

インターネット キャッシュをクリアして、最新バージョンが表示されるようにします。こちらを Windows 7 PC で実行するには、次の手順に従います。

  1. 開いているすべてのインターネット ブラウザーのウィンドウを閉じます。
  2. [スタート] を選択した後に、[コントロール パネル] を選択します。[コントロール パネル] ウィンドウが空の場合、すべてのアイコンを表示するにはウィンドウのナビゲーション セクションにある [すべてのコントロール パネル オプションを表示する] を選択します。
  3. [ネットワークとインターネット] を選択した後に、[インターネット オプション] を選択します。
  4. [全般] タブの [閲覧の履歴][削除] をクリックします。
  5. [インターネット一時ファイル] チェックボックスと [Cookie] チェックボックスを選択した後に、[削除] を選択します。

Games for Windows - LIVE のポートを解放する

警告: この対処方法に従った場合、PC やネットワークが悪意のあるユーザーやソフトウェア (ウイルスなど) による攻撃を受けやすくなる可能性があります。マイクロソフトがこの情報を提供するのは、お客様の判断でこの対処を行えるようにするためであり、この対処方法を推奨するわけではありません。この対処方法は、お客様の自己責任でお試しください。

Games for Windows - LIVE で着信接続と発信接続を有効にするには次のポートを解放しておく必要があります。

  • TCP ポート 3074
  • UDP ポート 88
  • UDP ポート 3074

ファイアーウォール、ルーター、ゲートウェイのポート設定を構成する方法については、機器に付属の取扱説明書を参照するか、ネットワーク管理者やローカルのテクニカル サポートにお問い合わせください。

Windows PC で Games for Windows - LIVE を利用するためにファイアウォールを設定する方法については、「Windows Media Center Extender を設定する」を参照してください。

上記の手順を試した場合でも、Games for Windows - LIVE に接続できない場合は、UPnP やポート フォワーディングを有効にするためにルーターやゲートウェイの機器を構成する必要があります。ルーターが UPnP 対応の場合は、この機能を有効にしてください。UPnP はネットワーク変換を処理するため、ポート フォワーディングを有効にする必要はありません。

互換性のある家庭用ネットワーク機器を確認する方法については、「新しいネットワーク機器を選択または構成する」を参照してください。

注:

  • この記事では、UPnP 機能をサポートする Xbox Live 対応のルーターの一覧を紹介しています。すべてのルーターが UPnP に対応しているわけではありません。お使いのルーターが UPnP に対応していない場合は、上記のポートを解放して、Games for Windows - LIVE を実行している PC の IP アドレスに関連付ける必要があります。
  • お使いのルーターやゲートウェイの機器で UPnP やポート フォワーディングを有効にする方法について疑問点がある場合は、機器の製造元にお問い合わせください。
  • ネットワークで IPv6 を使用するように設定されている場合は、Microsoft Windows オペレーティング システムと互換性のあるホーム ルーター用の IPv6 機能セットに対する推奨事項を確認してください。

この推奨事項を確認するには、「Network and Access Technologies: TCP/IP v4 and v6」(英語のみ) を参照してください。

ファイアーウォールで Games for Windows - LIVE を許可する

警告: この対処方法に従った場合、PC やネットワークが悪意のあるユーザーやソフトウェア (ウイルスなど) による攻撃を受けやすくなる可能性があります。マイクロソフトがこの情報を提供するのは、お客様の判断でこの対処を行えるようにするためであり、この対処方法を推奨するわけではありません。この対処方法は、お客様の自己責任でお試しください。

注: 認識していないプログラムに対してはポートを解放しないでください。

Games for Windows - LIVE ソフトウェア (GFWLClient.exe) を機能させるためには、ファイアーウォール、プロキシ、インターネット セキュリティー ソフトウェアで例外の構成が必要になる場合があります。既定の設定では、このファイルは次の場所に保存されます。

C:\Program Files\Microsoft Games for Windows Live\Client

Windows ファイアーウォールを使用している場合は、Games for Windows - LIVE の最新の更新プログラムをインストールすると、例外リストにそのソフトウェアを追加するかどうかのオプションを選択することができます。それ以外の場合は、ファイアーウォールに付属の取扱説明書を参照するか、ネットワーク管理者やローカルのテクニカル サポートにお問い合わせください。

詳細については、「Xbox Live 用の Xbox 360 のネットワーク ポートとルーター設定」を参照してください。

Windows に最新のサービス パックをインストールする

Games for Windows - LIVE を使用するには、PC に Windows の最新のサービス パックがインストールされている必要があります。最新のサービス パックを入手するには、「Service Pack および更新センター」を参照してください。

インターネット接続の問題解決

PC でインターネット接続に関する問題が発生している可能性があります。この問題を解決するには、「ネットワーク接続の問題を解決する」を参照してください。

Windows Vista または Windows 7 を使用している場合は、「インターネット接続の問題に関するトラブルシューティング」を参照してください。

さらに、バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) が無効になっている可能性があります。また、お使いのユーザー プロフィールにサービスを使用する権限がない可能性があります。この問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. 管理者として PC にサインインします。
  2. Microsoft 管理コンソール サービス スナップインを開きます。

    Windows 8 および Windows RT の場合:

    1. 画面の右下隅をポイントした後に、[検索] を選択します。
    2. services.msc」と入力した後、検索結果の [サービス] を選択します。

    Windows 7 および Windows Vista の場合:

    1. [スタート] を選択します。
    2. [プログラムとファイルの検索] ボックスに「サービス」と入力した後、表示された [サービス] アイコンを選択します。
  3. [サービス] ウィンドウが開いた後、[サービス (ローカル)] の下にある [Background Intelligent Transfer Service] を右クリックします。
  4. [プロパティ] を選択します。
  5. [全般] タブの [スタートアップの種類][自動] に設定します。
  6. サービスが停止している場合は、[開始] を選択してサービスを開始します。
  7. [OK] を選択して [プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

以上の手順を試してもエラーが発生する場合は、BITS が適切に構成されているかどうかを確認してください。手順は次のとおりです。

  1. Microsoft 管理コンソール サービス スナップインを開きます。

    Windows 8 および Windows RT の場合:

    1. 画面の右下隅をポイントした後に、[検索] を選択します。
    2. services.msc」と入力した後、検索結果で [サービス] を選択します。

    Windows 7 および Windows Vista の場合:

    1. [スタート] を選択します。
    2. [プログラムとファイルの検索] ボックスに「サービス」と入力した後、表示された [サービス] アイコンを選択します。
  2. [サービス] ウィンドウが開いた後、[サービス (ローカル)] の下にある [Background Intelligent Transfer Service] を右クリックします。
  3. [ログオン] タブを選択します。
  4. [ログオン] の下にある [ローカル システム アカウント] チェックボックスを選択します。
  5. [ハードウェア プロファイル] の一覧で、表示されているプロファイルがすべて [有効] に設定されていることを確認します。プロファイルが [無効] に設定されている場合は、そのプロファイルを選択した後に、[有効] を選択します。

インターネット サービス プロバイダーに問い合わせる

上記の手順で問題が解決しない場合は、インターネット サービス プロバイダーにお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Games for Windows - LIVE 接続の問題解決の方法" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する