このページを共有する

マイクロソフト デバイス サービス条件

お客様の居住地が米国の場合 (企業については、お客様の主たる業務地が米国にある場合)、第 20 条は、仲裁および集団訴訟の権利放棄について拘束力をもって規定しています。この規定は、マイクロソフトとの紛争を解決する方法に関するお客様の権利に影響を及ぼすため、内容を注意深くお読みください。

1. はじめに

お客様は、お客様が所有するマイクロソフトが製造したデバイス (以下「マイクロソフト デバイス」といいます) に対するサービス (以下「本サービス」といいます) 依頼を提出する場合、本サービス条件および https://support.microsoft.com/ja-jp に掲示されているその他の適用される条項、条件、ポリシーまたは免責事項 (以下「本契約」といいます) を承諾し、これに同意するものとします。本条件をよく読むことをお勧めします。本条件は、すべてのマイクロソフト デバイスに対する本サービスに適用されます。

本マイクロソフト デバイス サービス条件に同意しない場合は、サービス依頼を提出しないでください。

2. マイクロソフト デバイス サービス条件の変更

マイクロソフトは、お客様に通知することなく、随時マイクロソフト デバイス サービス条件を更新することができます。お客様は、新しいサービス依頼を提出する前に本条件を把握しなければなりません。Web サイトの使用または本サービスの発注を継続する場合、お客様は変更後の条件に同意したものとみなされます。更新は、当該更新が掲示された後に提出された本サービスの発注にのみ適用されます。

3. 保証および延長サービス プランの適用

本契約と、お客様のマイクロソフト デバイスに関するマイクロソフトが発行した保証または延長サービス プランの間で抵触が生じた場合は、マイクロソフトが発行した保証または延長サービス プランの条件が、お客様のマイクロソフト デバイスに対する本サービスに適用されます。お客様のマイクロソフト デバイスの購入証明書を必ず保管しておいてください。お客様のマイクロソフト デバイスにつき、無償の保証サービスまたは延長サービス プランの適用を受ける資格について疑問が生じた場合、マイクロソフトはお客様に購入証明書の提供を求めることがあります。

4. 未成年者による使用の制限

https://support.microsoft.com/ja-jp で本サービスの発注を行うには 18 歳以上でなければなりません。お客様は、発注を行う場合には、この年齢要件を遵守する責任を負います。

5. お客様に関する情報の使用

マイクロソフトは、お客様に関する情報およびお客様の発注履歴を、Microsoft プライバシーに関する声明の条項に従って取り扱います。

6. 請求およびアカウント情報の正確性

お客様は、お客様のマイクロソフト デバイスに対する本サービスの発注を行う場合、マイクロソフトがお客様との取引を完了し、必要に応じてお客様に連絡を取ることができるよう、最新、完全かつ正確な支払、アカウント、および連絡先情報を提供し、かかる情報を速やかに更新するものとします。

7. 支払

お客様のマイクロソフト デバイスに対するサービスが、マイクロソフトが発行した保証または延長サービス契約の対象となる場合を除き、お客様は、(マイクロソフトのカスタマー サービス代理店を介して電話で、またはオンラインで) 発注を行う時点で本サービスの見積もり料金を支払うものとします。見積もり料金には、本サービスに必要なすべての部品および人件費、送料、ならびに適用される税金が含まれます。事前交換発注については、下記の条項をご確認ください。

8. サービスの取消

本サービスが完全に履行されている場合、お客様の取消権は失われます。ただし、本サービスをマイクロソフトが完全に履行した後は取消権が失われることについてお客様が事前に明示的に同意し了解したうえで、かかる履行が開始されたことを条件とします。マイクロソフトが本サービスに関してお客様のマイクロソフト デバイスを受領し、修理済みまたは交換用のマイクロソフト デバイスをお客様に発送済みの場合、または事前交換発注においてマイクロソフトが事前交換製品をお客様に送付済みの場合は、本サービスの解約および返金はご利用いただけません。

9. 輸送中の損傷に関する責任

お客様がお客様のマイクロソフト デバイスを本サービスのために送付する場合、本サービスのための輸送中に損傷しないように当該デバイスを適切に梱包する責任はお客様が負うものとします。また、本サービスのための輸送中におけるマイクロソフト デバイスの紛失または損傷について保険を付すことについても、お客様が責任を負うものとします。マイクロソフト デバイスが本サービスのための輸送中に何らかの形で損傷を受けた場合には、マイクロソフトはその旨をお客様に通知します。お客様のマイクロソフト デバイスをマイクロソフトが受け取る前に発生した損傷については、お客様が責任を負うものとします。

マイクロソフトがお客様に返送したお客様のマイクロソフト デバイスが、損傷のある状態で到着した場合、お客様は、受領後 2 日以内に https://support.microsoft.com/ja-jp に連絡することによってマイクロソフトに当該損傷について通知しなければなりません。お客様が受領後 2 日以内にお客様のマイクロソフト デバイスの損傷についてマイクロソフトに連絡しなかった場合、損傷に関する責任はお客様が負うものとします。

10. データ転送およびソフトウェア インストール

お客様は、お客様のマイクロソフト デバイスを本サービスのためにマイクロソフトに送付する前に、既存のデータ、ソフトウェアおよびプログラムをすべてバックアップして、既存のデータをすべて削除または消去し、記憶装置を取り外す責任を負います。お客様のマイクロソフト デバイスに対し包括的なテストおよび診断を実施するために、お客様のデバイスは元の工場出荷時の状態に戻されます。このプロセスにより、お客様のデバイス上のプログラムおよび個人データがすべて消去されます。

お客様のマイクロソフト デバイスに関する本サービスに、情報の移転またはソフトウェアのインストールが含まれる場合、お客様は、次の条件をいずれも満たす場合にのみ発注を行うものとします。(1) 情報をコピーする権利を有していること (お客様のマイクロソフト デバイスに違法なファイルまたはデータが含まれていないことを確認することを含みます)、および (2) ソフトウェア ライセンスの条件に同意すること (お客様は、本サービスの履行においてマイクロソフトがお客様に代わって情報を移転し、ライセンスの条件に同意することを許可します)。

マイクロソフトは、本サービスに起因する、お客様のマイクロソフト デバイスのデータもしくはプログラムの損失、回復もしくは侵害または機器の使用不能について責任を負いません。

11. 所有物の放棄

お客様から書面による別途の指示があった場合を除き、マイクロソフトは、お客様が本サービスを承認したときに提出した郵送先住所宛てにお客様のマイクロソフト デバイスを発送します。当該住所への配送を完了できなかったためにお客様のデバイスがマイクロソフトに返送された場合、マイクロソフトはお客様に連絡して別の住所の提供を受けるよう努めます。マイクロソフトまたはその代理店がお客様のデバイスを配送することができる住所を、最初の配送から 60 日以内にお客様が提示しない場合、マイクロソフトはお客様のデバイスが放棄されたとみなし、その旨をお客様に通知します。これによってお客様のデバイスが放棄されたとみなされた場合、マイクロソフトは適用される法令に従って、お客様のマイクロソフト デバイスを処分することができます。具体的には、マイクロソフトは、未払の本サービスに対する支払のために、相対売買または公売でお客様のデバイスを販売することができます。マイクロソフトは、未払の料金について法定およびその他の法令に基づく担保権を有します。

12. 他の所有物に対する責任

お客様のマイクロソフト デバイスを本サービスのために送付する場合、個人の所有物またはその他のマイクロソフト製品 (これには、お客様が本サービスを依頼していないアクセサリ、ゲーム、書籍などを含みます) をそのマイクロソフト デバイスと共に送付しないでください。お客様がマイクロソフトに送付する個人の所有物の紛失については、お客様が責任を負うものとします。お客様のマイクロソフト デバイスに対するサービスに必要な品目またはその代替品を除き、マイクロソフトは、個人の所有物がお客様に返却されることを保証しません。

13. デバイス サービス プロセス

第 10 条に従って、お客様のデバイスはテスト中に元の工場出荷時の状態に戻されます。お客様のデバイスがテスト後に設計どおりに機能することが判明した場合、かかるデバイスは元の工場出荷時の設定でお客様に返却されます。問題が見つかった場合、お客様のデバイスは、マイクロソフトの裁量により、お客様の国または地域の適用される法令に従って、修理されるかまたは同じ機能を有する新規もしくは再生された製品と交換されることがあります。

14. 特別エディションまたはカスタムのマイクロソフト デバイス

お客様が、特別エディションまたはカスタムのマイクロソフト デバイスを本サービスのためにマイクロソフトに送付する場合、マイクロソフトは、同じまたは類似の特別エディションまたはカスタムのマイクロソフト デバイスをお客様に返却するよう最大限の努力を払うものとします。ただし、これは、本サービスの時点における利用可能性によって左右されます (特別またはカスタム エディションが製造中止または在庫切れになっていることがあります)。商業的に実行不可能である場合があるため、マイクロソフトはこれが可能であることを保証しません。

15. 本サービスの適用除外

マイクロソフトは、以下のいずれかに該当するマイクロソフト デバイスについて、本サービスを拒否し、または保証の対象外とみなす権利を有します。(1) マイクロソフトが販売または使用許諾したもの以外の製品 (マイクロソフトが製造または使用許諾していないゲームまたはソフトウェアおよびアクセサリ、"海賊版" のゲームまたはソフトウェアなどを含む) と共に使用したために損傷を受けたもの、(2) 商用目的で使用したもの (レンタル、ペイ パー プレイなどを含む)、(3) 開被、改造、もしくは改ざんされた (技術的な制限、セキュリティ、または違法コピー対策メカニズムを無効化するための試みを含む)、またはシリアル番号が変更もしくは削除されたもの、(4) 外的要因 (落下、換気が不十分な状態での使用、またはマイクロソフト デバイスの製品マニュアルの指示に従わなかったことなどを含む) によって損傷を受けたもの、(5) 電話またはオンラインで正規の本サービスの発注を依頼せずにマイクロソフトに送付されたもの、または (6) マイクロソフトまたはその認定サービス プロバイダー以外の第三者によるサービスを受けたもの。このような場合、マイクロソフトはサービスを提供せずに、マイクロソフト デバイスをお客様に返送することがあります。

16. 事前交換プログラムの追加条件

一部の国において、マイクロソフトは事前交換プログラムを提供します。このプログラムでは、お客様は、一定の条件付きで、サービスのためにお客様のデバイスをマイクロソフトに発送する前にデバイスを受け取ることができます。お客様が事前交換プログラムへの参加を希望する場合、マイクロソフトは、以下の条件に基づいて、お客様がお客様のマイクロソフト デバイスをマイクロソフトに送付する前に、交換用のマイクロソフト デバイス (以下「事前交換製品」といいます) をお客様に送付します。

  • お客様のマイクロソフト デバイスは、保証または延長サービス契約の条項に適合している必要があります。
  • お客様のマイクロソフト デバイスについて、マイクロソフトによる受領後に、物理的もしくは液体による損傷、改ざん、不正使用などの痕跡、またはお客様のマイクロソフト デバイスの保証または延長サービス契約に対するその他の適用除外が見つかった場合には、本プログラムの対象となりません。
  • 事前交換製品は、前払いの出荷ラベルが同梱された箱でお客様宛てに発送されます。
  • お客様は、受領した事前交換製品に対応する、サービスを依頼したマイクロソフト デバイスを、前払いの出荷ラベルを使用して返送する必要があります。お客様は、交換用デバイスの受領後 14 日以内に、同じ箱でお客様のマイクロソフト デバイスを返送する必要があります。
  • 元のマイクロソフト デバイスが返送されることの保証として、マイクロソフトはお客様のクレジット カード番号を必要とします。お客様が、事前交換製品の受領後 14 日以内に、元のマイクロソフト デバイス (お客様がマイクロソフトに提供したシリアル番号のもの) を返送した場合、お客様のクレジット カードへの請求は行われません。
  • マイクロソフトによる低額の引き落としがお客様のカードに記載される場合があります。これは、お客様の口座に資金があることを確認するためのものであり (当該料金は返金されます)、料金ではありません。お客様は、以下の場合に、デバイスまたはアクセサリの現在の推定小売価格に相当する交換および取扱手数料を請求されます。(1) 運送業者の追跡システムに示されているお客様の交換用デバイスの受領日から 14 日以内に、元のマイクロソフト デバイスをマイクロソフトが受領しなかった場合、(2) デバイスが保証期間中でない場合、または (3) デバイスが保証またはサービスの対象ではない場合 (改ざんの兆候があるまたは物理的損傷を受けているなど)。

ご質問がある場合は、サポート (https://support.microsoft.com/ja-jp) までお問い合わせください。

17. 本サービス後の限定的保証

お客様のマイクロソフト デバイスに対するサービス提供において、マイクロソフトは、(1) 合理的な水準で本サービスが履行されること、および (2) マイクロソフトが発行した保証もしくは延長サービス プランの残存期間または本サービスの履行後 90 日間のいずれか長い方の期間、本サービスで使用されるすべての部品または製品について材料および仕上がりに瑕疵がないこと、を保証します。本サービス後の保証は明示的な保証です。不適合な本サービスが提供された場合、または 90 日の保証期間中に交換部品または製品について瑕疵が発生した場合、マイクロソフトは自らの選択により以下のいずれかを行うものとします。(1) 部品または製品を、新品、中古、または再生された交換部品を使用して修理すること、(2) 部品または製品を、新品、中古、または再生された同等の部品または製品と交換すること、または (3) お客様が本サービスに対して支払った金額を返金すること。

お客様のマイクロソフト デバイスが以下のいずれかの条件に該当する場合、マイクロソフトは責任を負わず、このサービス後の保証は適用されません。

  1. マイクロソフトが販売または使用許諾していない製品と共に使用したことによる損傷
  2. 開被、改造、もしくは改ざん (技術的な制限またはセキュリティを無効化するための試みを含む)、またはシリアル番号の変更もしくは削除
  3. 外的要因による損傷 (お客様によるものか、お客様のマイクロソフト デバイスを使用する第三者によるものかを問いません。また、以下の例を含みますがこれらに限られません)
    • 落下
    • 誤用 (屋外での使用を含む)、不正使用、過失、または事故
    • 輸送中の取扱ミスまたは損傷 (マイクロソフトからお客様への輸送を除く)
    • 液体との接触
    • 換気が不十分な状態での使用
    • 傷、へこみ、またはその他の外観の損傷
    • インストール、操作、またはメンテナンスの指示に従っていないこと
  4. d. マイクロソフト以外による修理

この保証および救済は、排他的なものであり、口頭と書面とを問わず、明示または黙示にかかわらず、提供される本サービスおよび部品または製品に関する他のすべての保証、救済、その他の権利義務に代わるものです。マイクロソフトは、商品性および特定目的への適合性に関する保証を含め、本サービス、部品または製品に関する黙示の保証を一切行いません。一部の地域または法域では、付随的もしくは派生的損害の免責もしくは制限、または黙示の保証の期間に関する免責もしくは制限を認めないため、これらの制限または除外がお客様に適用されない場合があります。本サービス後の保証は、お客様に特定の法的権利を付与するものです。また、お客様は、地域または法域によって異なる他の権利を有する場合があります。お住まいの国の消費者保護に関する法令の適用を受ける消費者の場合、本条件によって与えられる利益は、かかる消費者保護に関する法令によって提供されるすべての権利および救済に追加されるものです。

18. 責任の制限

マイクロソフトの管理下にある間にデバイスが損傷または紛失した場合、マイクロソフトの責任は、影響を受けたマイクロソフト デバイスの修理または交換の費用に限定されます。それ以外の場合、お客様のマイクロソフト デバイス向けの本サービスに関連するあらゆる原因により生じた損害についてのお客様に対するマイクロソフトの全責任は、マイクロソフトの過失によるものか他の理由によるものかを問わず、次のいずれか大きい方の金額を上限とする直接損害に限定されます。(i) マイクロソフト デバイスの修理もしくは交換の費用、または (ii) お客様が本サービスのためにマイクロソフトに支払った総額。マイクロソフトは、逸失利益または収益の損失など、間接損害、特別損害、懲罰的損害、または派生的損害についていかなる責任も負いません。マイクロソフトは、本サービス履行中の、データまたはソフトウェア アプリケーションの損失または損傷についていかなる責任も負いません。お客様の権利は、(i) マイクロソフト デバイスの修理もしくは交換の費用、または (ii) お客様が本サービスのためにマイクロソフトに支払った総額、を超えない金額で、マイクロソフトに対して損害賠償を求めることに限定されます。

19. 下請業者

マイクロソフトは、お客様のマイクロソフト デバイスに対するサービスを提供するために、第三者のサービス業者を使用することができます。

20. 拘束力のある仲裁と集団訴訟の権利放棄

お客様の居住地が米国の場合 (企業については、お客様の主たる業務地が米国にある場合)、本条は、すべての紛争に適用されます。ただし、お客様、お客様のライセンサー、マイクロソフト、またはマイクロソフトのライセンサーの知的財産権の強制または有効性に関連する紛争を除きます。「紛争」とは、契約、保証、不法行為、制定法、規制、条例またはその他のコモン ローまたは衡平法のいずれを根拠とするかにかかわらず、マイクロソフト デバイスに対する本サービス (その価格を含む) または本契約に関してお客様とマイクロソフトの間で発生したすべての紛争、訴訟、またはその他の争議を意味します。「紛争」という語は、法律の下で許容される最大限広範な意味で使用するものとします。

  1. 紛争の通知 紛争の発生の際、当事者は、相手方当事者に対し、当該通知を送付する当事者の名称、所在地および連絡先情報、紛争の原因となった事実、ならびに請求する救済を書面に記載した紛争の通知を送付しなければなりません。お客様が紛争の通知を送付する場合は、米国郵便にて Microsoft Corporation (ATTN: LCA ARBITRATION, One Microsoft Way, Redmond, WA 98052-6399) まで送付する必要があります。フォームは http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=245499 で入手できます。マイクロソフトは、お客様の所在地を知っていればその所在地宛てに米国郵便で、知らなければお客様の電子メール アドレス宛てに、紛争の通知を送付します。お客様とマイクロソフトは、いかなる紛争についても、紛争の通知が送付された日から 60 日以内に非公式の交渉を通して解決すべく努力します。60 日の経過後は、お客様またはマイクロソフトは仲裁手続を開始することができます。
  2. 少額裁判所 また、紛争が少額裁判所で取り扱うべきすべての条件を満たしている場合、お客様の居住地 (企業の場合はお客様の主たる業務地) か、またはワシントン州キング郡の少額裁判所でも訴訟を起こすことができます。お客様は、最初に非公式に交渉を行ったかどうかにかかわらず、少額裁判所に提訴することができます。
  3. 拘束力のある仲裁 お客様とマイクロソフトは、非公式の交渉または少額裁判所で紛争を解決できない場合、それ以外の紛争解決手段は、連邦仲裁法 (以下「FAA」といいます) に準拠する個別の拘束力のある仲裁のみによるものとします。集団仲裁は認められません。お客様は、判事または陪審員による裁判所に提訴する (または集団訴訟の原告の一員として参加する) 権利を放棄することになります。すべての紛争は中立的な仲裁人に委ねて解決するものとします。仲裁人の決定は、FAA に基づく限定された上訴権を除き、最終的なものとなります。当事者に対して管轄を有するいかなる裁判所も、仲裁人の裁定を執行することができます。
  4. 集団訴訟の権利放棄 いかなる紛争についても、仲裁廷または法廷等で解決するためのあらゆる紛争解決手段は、個別にのみ実施するものとします。お客様またはマイクロソフトのいずれも、いかなる紛争についても、集団訴訟、司法長官による民事訴訟、またはいずれかの当事者が代表者として訴訟を提起または提案するその他の手続を通じて解決を求めることはできないものとします。いかなる仲裁またはその他の紛争解決手続も、影響を受けるすべての仲裁または訴訟に対するすべての当事者の事前の書面による同意なしに、別の仲裁または紛争解決手続と併合されないものとします。
  5. 仲裁手続 すべての仲裁は、米国仲裁協会 (以下「AAA」といいます) が、その商事仲裁規則 (または、お客様が個人でありお客様のマイクロソフト デバイスを個人もしくは家族のために使用する場合、またはお客様が個人であるか否かもしくはお客様によるマイクロソフト デバイスの使用方法にかかわらず 75,000 米ドル以下の紛争の場合は、その消費者仲裁規則) に基づいて実施します。詳細については、www.adr.org を参照するか、1-800-778-7879 まで電話でお問い合わせください。仲裁を開始するには、http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=245497 で入手可能なフォームを AAA に提出します。お客様は、お客様の居住地 (企業の場合はお客様の主たる業務地) か、またはワシントン州キング郡でのみ仲裁を開始することに同意します。マイクロソフトは、お客様の居住地 (企業の場合はお客様の主たる業務地) でのみ仲裁を開始することに同意します。お客様は、AAA 規則に従って、電話または対面による聴聞を要請することができます。25,000 米ドル以下の紛争では、仲裁人が対面による聴聞会を開く正当な理由があると判断した場合を除き、すべての聴聞は電話で行われます。仲裁人は、裁判所と同じ損害賠償請求を個別のお客様に認めることができます。仲裁人は、差し止め命令による救済または宣言的救済を個別のお客様にのみ、個別のお客様の賠償請求に応じるために必要な範囲においてのみ、認めることができます。
  6. 仲裁手数料および支払

      (i) 75,000 米ドル以下の紛争 マイクロソフトは、お客様による申立手数料を速やかに弁済し、AAA および仲裁人の手数料および費用を支払います。お客様が、仲裁人が指名される前にマイクロソフトから提示された書面による最終和解案 (以下「マイクロソフト最終案」といいます) を拒否し、お客様による紛争に対して仲裁人の決定 (以下「裁定」といいます) まで行われ、仲裁人がマイクロソフト最終案を超える賠償請求をお客様に認めた場合、マイクロソフトは、お客様に対して以下を行うものとします。(i) 裁定と 1,000 米ドルのいずれか高い方の金額を支払う、(ii) お客様が負担する合理的な弁護士手数料がある場合は、その金額を支払う、および (iii) お客様の弁護士が仲裁においてお客様の賠償請求について調査、準備、および追求するために発生した合理的な費用 (鑑定人の手数料および費用を含む) を弁済する。お客様およびマイクロソフトが合意した場合を除き、仲裁人が手数料、経費、および費用の金額を決定します。

      (ii) 75,000 米ドルを超える紛争 申立手数料ならびに AAA および仲裁人の手数料および費用の支払には、AAA 規則が適用されます。

      (iii) 任意の金額の紛争 お客様が開始した任意の仲裁において、マイクロソフトは、かかる仲裁に根拠がない、またはかかる仲裁が不適切な目的で申し立てられたと仲裁人が判断した場合に限り、マイクロソフトが負担する AAA もしくは仲裁人の手数料および費用、またはマイクロソフトが弁済したお客様の申立手数料を請求します。マイクロソフトが開始したすべての仲裁において、マイクロソフトは、申立、AAA、および仲裁人の手数料および費用を支払います。マイクロソフトは、いかなる仲裁においても、マイクロソフトが負担する弁護士の手数料または費用をお客様に請求しないものとします。手数料および費用は、紛争に関する金額を決定する際に、考慮に入れないものとします。

  7. AAA 規則との抵触 本契約と、AAA の商事仲裁規則または消費者仲裁規則が抵触する場合には、本契約が適用されます。
  8. 将来の仲裁の変更の拒否 マイクロソフトが第 20 条 に変更を加えた場合 (所在地の変更を除く)、お客様は、変更後 30 日以内に第 20 条 (a) 項の所在地宛てに米国郵便で通知をマイクロソフトに送付することにより、かかる変更を拒否することができます。その場合、お客様が拒否した変更が行われる前の直近の第 20 条が適用されます。
  9. 請求または紛争は 1 年以内に申し立てること 法令上許容される最大限において、第 20 条が適用されるいかなる請求または紛争も、1 年以内に少額裁判所 (第 20 条 (b) 項) に申し立てるか、または仲裁を申し立てるものとします。この場合の 1 年は、請求の申し立てまたは紛争の通知の送付が可能になった最初の日から起算されます。1 年以内に申し立てなかった場合、かかる請求または紛争は永久に排除されます。
  10. 可分性 第 20 条 (d) 項の集団訴訟の権利放棄が紛争の全部または一部について違法または執行不能と判断された場合、その部分に第 20 条は適用されません。その場合、その部分は切り離されて裁判所で手続が進められ、残りの部分は仲裁で手続が進められるものとします。第 20 条に規定するその他の条項で、違法または執行不能と判断されたものがある場合、その条項は第 20 条の残りの条項とは切り離されますが、残りの条項は、引き続き完全に有効かつ強制可能であるものとします。

      21. 法の選択および紛争解決地

      米国 お客様の居住地が米国の場合 (企業については、お客様の主たる業務地が米国にある場合)、本契約の解釈、本契約の違反に対する申立およびその他すべての申立 (消費者保護、不正競争、黙示の保証、および不法行為に関するものを含みます) には、抵触法にかかわらず、お客様が居住する州 (企業については、お客様の主たる事業所が所在する州) の法律が適用されます。ただし、仲裁に関するすべての規定については FAA が適用されます。お客様は、本サービスまたは本契約に関連して生じるすべての紛争について、(仲裁や少額裁判所ではなく) 法廷で取り扱う場合は、米国ワシントン州キング郡の州裁判所および連邦裁判所が専属的管轄権を有し、同地を裁判地とすることに同意し、この同意は取消不能であるものとします。

      カナダ お客様の居住地がカナダの場合 (企業については、お客様の主たる業務地がカナダにある場合)、本契約の解釈、本契約の違反に対する申立およびその他すべての申立 (消費者保護、不正競争、黙示の保証、および不法行為に関するものを含みます) には、抵触法にかかわらず、お客様が居住する州 (企業については、お客様の主たる事業所が所在する州) の法律が適用されます。お客様は、本サービスまたは本契約に関連して生じるすべての紛争について、オンタリオ州の裁判所が専属管轄権を有し、同地を裁判地とすることに同意します。

      その他 お客様の居住地が米国またはカナダ以外の場合 (企業については、お客様の主たる業務地が米国またはカナダ以外にある場合)、本契約の解釈、本契約の違反に対する申立およびその他すべての申立 (消費者保護、不正競争、黙示の保証、および不法行為に関するものを含みます) には、抵触法にかかわらず、お客様が居住する国 (企業については、お客様の主たる事業所が所在する国) の法律が適用されます。

      22. 完全合意、可分性、不可抗力

      本契約は、お客様のマイクロソフト デバイスに対する本サービスに関するお客様とマイクロソフトの間の完全な合意です。マイクロソフトは、本契約のいかなる相違または変更も承認しません。本契約のいずれかの条項が、無効または執行不能と判断された場合、かかる無効または執行不能な規定は、元の規定の意図に最も近い有効かつ執行可能な規定と差し替えられたとみなし、本契約の残りの条項は引き続き効力を有するものとします。第 20 条 (j) 項では、第 20 条の一部 (仲裁と集団訴訟の権利放棄) が違法または執行不能と判断された場合について規定しています。第 20 条 (j) 項と本条項の間に不一致がある場合には、第 20 条 (j) 項が優先して適用されます。マイクロソフトは、マイクロソフトが合理的に支配できない事由に起因する本サービスの不履行または履行の遅延について責任を負いません。

      23. カリフォルニア州の消費者向けの注意事項

      要求に応じた修理の見積もり (California Business and Professions Code 第 9844 条) は、サービス ディーラーにより書面でお客様に提供されます。サービス ディーラーは、お客様による事前の同意なく、完了した作業および提供した部品について、見積もり金額を超える請求を行うことはできません。書面で提供する場合、サービス ディーラーは、書面による修理見積もりを作成するために誤動作の性質を判断するにあたって提供したサービスについては、合理的な料金を請求することができます。詳細については、Bureau of Electronic and Appliance Repair, Department of Consumer Affairs, Sacramento, CA 95814 までお問い合わせください。

      カリフォルニア州のマイクロソフト デバイスの購入者は、保証期間中にデバイスに対するサービスおよび修理を受ける権利を有します。保証期間は、保証修理のためにデバイスが購入者の管理を離れていた日数分延長されます。保証期間中に瑕疵が存在した場合、保証は、その瑕疵が修正されるまで失効しないものとします。また、保証期間は、購入者の管理範囲を超えた状況に起因して保証修理の履行が遅延した場合、または、保証修理で瑕疵が是正されず、修理の完了から 60 日以内に購入者が修理の不備を製造元または販売者に通知した場合にも、延長されるものとします。合理的な回数試みても瑕疵が修正されなかった場合、購入者は、交換または返金を求めてデバイスを返却することができます。ただし、いずれの場合も、使用に応じた合理的な料金を差し引くことを条件とします。期間延長は、購入者が他の法令に基づいて有する保護または救済に影響を及ぼすものではありません。

      最終更新: 2015 8

      ©2015 Microsoft Corporation. All rights reserved.

      お問い合わせ

      ご覧になっていた "マイクロソフト デバイス サービス条件" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

      このページを共有する