このページを共有する

Xbox 360 本体のディスク トレイを手動で取り出す

概要

このページでは、イジェクト ボタンが機能しない場合に、Xbox 360 本体のディスク トレイを手動で取り出す方法について説明します。

解決策

Xbox 360 E 本体: ディスク トレイを手動で取り出す方法

以下のステップバイステップの手順に従ってください。

次の手順に従うことで、ディスク トレイを手動で取り出すことができます。

  1. 本体に接続されている電源コードとその他のすべてのケーブルを取り外します。
Xbox 本体、電源、壁のコンセントから取り外されるケーブルを指し示す矢印。
  1. 大きなクリップをまっすぐに伸ばします。
  2. 注: 標準サイズのクリップでは長さが足りないため、ディスクを取り出すことができません。 ディスクを取り出すには、クリップを約 4 cm 差し込む必要があるので、大きなクリップでお試しください。

2 つのクリップ。そのうち 1 つの外側の端が伸ばされ、1 本の長い線となっている。
  1. DVD プレイヤーを配置する場合と同様に、本体を水平に配置します。
  2. 本体左側の通気孔の奥にある黄色いステッカーを探します。
  3. 黄色いステッカーの中央にあるイジェクト ホールに、伸ばしたクリップの先を差し込みます (下の画像を参照)。
Xbox 360 E 本体の側面にあるイジェクト ホールに、端を伸ばしたクリップの先を差し込む手。
  1. ディスク トレイがわずかに飛び出します。 ディスク トレイをそのまま指で引き出します。

    注: トレイにディスクが入っていた場合は、ディスクに粘着物や、トレイの動きを妨げるようなラベルなどが付いていないことを確認してください。

Xbox コンパクト ディスクの上に貼られたステッカーと絆創膏。

Xbox 360 S 本体: ディスク トレイを手動で取り出す方法

この方法を説明するビデオをご覧ください。また、以下のステップ バイ ステップの手順に従ってください。

このビデオを見る

次の手順に従うことで、ディスク トレイを手動で取り出すことができます。

  1. 本体に接続されている電源コードとその他のすべてのケーブルを取り外します。
Xbox 本体、電源、壁のコンセントからケーブルを取り外す手を指し示す矢印。
  1. 大きなクリップをまっすぐに伸ばします。
  2. 注: 標準サイズのクリップでは長さが足りないため、ディスクを取り出すことができません。 ディスクを取り出すには、クリップを約 4 cm 差し込む必要があるので、大きなクリップでお試しください。

2 つのクリップ。そのうち 1 つの外側の端が伸ばされ、1 本の長い線となっている。
  1. DVD プレイヤーを配置する場合と同様に、本体を水平に配置します。
  2. 本体左側の通気孔の奥にあるイジェクト ホールを探します。 本体の前面から約 6cm 後ろにあります。
  3. イジェクト ホールに伸ばしたクリップの先を差し込みます (下図参照)。
Xbox 本体の上部 (または側面) にあるイジェクト ホールに、端を伸ばしたクリップの先を差し込む手。
  1. ディスク トレイがわずかに飛び出します。 ディスク トレイをそのまま指で引き出します。
  2. 注: トレイにディスクが入っていた場合は、ディスクに粘着物や、トレイの動きを妨げるようなラベルなどが付いていないことを確認してください。

Xbox コンパクト ディスクの上に貼られたステッカーと絆創膏。

Xbox 360 (初期型) 本体: ディスク トレイを手動で取り出す方法

フェイスプレートを取り外す

最初に、本体のフェイスプレートを取り外します。 手順は次のとおりです。

  1. 本体の背面に接続されている電源ケーブルと AV ケーブルを取り外します。
Xbox 360 (初期型) 本体から取り外される AV (オーディオ/ビジュアル) ケーブルと電源ケーブルを指し示す矢印。
  1. DVD プレイヤーを配置する場合と同様に、本体を水平に配置します。
  2. 本体をしっかり支えながら、フェイスプレートを親指で押して、本体から取り外します。
  3. 注: フェイスプレートを取り外すには、ある程度、力を入れる必要があります。

本体を押さえる 1 本の手と、Xbox 360 (初期型) 本体からフェイスプレートを外そうとするもう 1 本の手。 本体からフェイスプレートを外そうとしている 2 本の手。

ディスク トレイを手動で取り出す

  1. 本体の背面に接続されている電源ケーブルと AV ケーブルを取り外します。
2 つのクリップ。そのうち 1 つの外側の端が伸ばされ、1 本の長い線となっている。
  1. 本体のディスク ドライブの右下に穴がある場合は、下の画像を参照して、伸ばしたクリップの先をその穴に差し込みます。
  2. 本体に下の画像のような穴がない場合は、手順 5. に進みます。

クリップの先が挿入された、Xbox 360 (初期型) 本体背面の中央近くにあるイジェクト ホールの場所を指し示す矢印。
  1. 少し抵抗が感じられるところ (穴の開口部から約 2.5 cm) までクリップを押し込みます。
本体のイジェクト ホールに差し込まれ、内部のギアに接触しているクリップの先を示す切断図。
  1. 操作が適切であれば、ディスク トレイがわずかに飛び出します。 ディスク トレイをそのまま指で引き出し、手順 9. に進みます。ディスク トレイが開かない場合は、次の手順をお試しください。
  2. ディスク ドライブの左下にある 2 つの穴を探して、伸ばしたクリップを左側の穴に差し込みます。
クリップの先が挿入された、Xbox 360 (初期型) 本体背面の右寄りにあるイジェクト ホールの場所を指し示す矢印。
  1. 少し抵抗が感じられるところ (穴の開口部から約 2.5 cm) までクリップを押し込みます。
  2. 注: 金属のプレートではなくギアの部分を押すようにしてください。

本体のイジェクト ホールに差し込まれ、内部のギアに接触しているクリップの先を示す切断図。
  1. 操作が適切であれば、ディスク トレイがわずかに飛び出します。 ディスク トレイをそのまま指で引き出した後に、手順 9. に進みます。
  2. それでもディスク ドライブが閉じた状態のまま動かない場合は、伸ばしたクリップを隣 (右側) の穴に差し入れ、同じように押し込んでください。 操作が適切であれば、ディスク トレイがわずかに飛び出します。
  3. 本体背面に電源コードを差し込みます。 イジェクト ボタンを押して、ディスク ドライブを開閉します。 ディスク ドライブが正常に動作する場合は、本体のフェイスプレートを元のように取り付けます。
  4. 注: トレイにディスクが入っていた場合は、ディスクに粘着物や、トレイの動きを妨げるようなラベルなどが付いていないことを確認してください。

Xbox コンパクト ディスクの上に貼られたステッカーと絆創膏。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox 360 本体のディスク トレイを手動で取り出す" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する