このページを共有する

Xbox 360 のシステム アップデートを行う際に、状況コード xxxx-3080-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx が表示される

Xbox ダッシュボードのシステム アップデートを Xbox 360 本体にダウンロードする際に、次の状況コードとメッセージが表示される場合があります。

システム アップデートをダウンロードできません。
状況コード: xxxx-3080-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx

注: "xxxx" は実際の状況コードによって異なります。

このエラー メッセージが表示される場合、本体でシステム アップデートの以前のバージョンが見つからないことを示します。

解決策

この問題を解決するには、以下の解決策をお試しください。

解決策 1: 外付け USB メモリーにシステム アップデートをダウンロードする

この問題を解決するために、外付け USB メモリーにシステム アップデートをダウンロードします。次に、USB メモリーからシステム アップデートをインストールします。手順は次のとおりです。

  1. 少なくとも 90 MB の空き容量がある USB メモリーを用意します。
  2. USB メモリーを PC の USB 端子に差し込みます。
    注: USB メモリーは、FAT32 ファイル システム (Windows) でフォーマットされている必要があります。
  3. 表示された状況コード用のシステム アップデートをダウンロードします。
    xxxx-3080-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx
  4. [保存] をクリックした後に、本体のシステム アップデート用 .zip ファイルを PC に保存します。
  5. .zip ファイルを解凍します。Windows XP、Windows Vista、Windows 7 を使用している場合は、.zip ファイルをダブルクリックして解凍します。
  6. .zip ファイルの内容を USB メモリーのルート ディレクトリ直下にコピーします。
  7. PC から USB メモリーを取り外します。
  8. 本体にディスクが入っている場合は、ディスクを取り出します。
  9. 本体の電源を切ります。
  10. USB メモリー、外付けハードディスク、または Xbox 360 E か Xbox 360 S 本体の内蔵ハードディスクを含め、本体のデータ保存機器をすべて取り外します。
    • Xbox 360 E 本体からハードディスクを取り外す:
      1. 本体の電源を切ります。
      2. 本体を水平に置きます。
      3. 本体の右側の背面寄りに、ハードディスク ドライブのカバーのつまみがあることを確認します。
      4. つまみを斜め方向 (本体下前面方向) にスライドさせた後、ハードディスク ドライブのカバーを手前に引いて開けます。
      1. ハードディスクのタブを引いてディスクを取り外します。
  1. ハードディスク ドライブのカバーをもう一度取り付けて、もう一度本体の電源を入れます。
  • Xbox 360 S 本体からハードディスクを取り外す:
    1. 本体の電源を切ります。
    2. 本体を水平に置きます。
    3. 本体の右側の背面寄りに、ハードディスク ドライブのカバーのつまみがあることを確認します。
    4. つまみを本体前面方向にスライドさせ、ハードディスク ドライブのカバーを手前に引いて開けます。
  1. ハードディスクのタブを引いてディスクを取り外します。
  1. ハードディスク ドライブのカバーをもう一度取り付けて、もう一度本体の電源を入れます。
  • Xbox 360 (初期型) 本体からハードディスクを取り外す:
    1. 本体の電源を切ります。
    2. 本体の上部 (横置きの場合は左側) にあるハードディスクを確認します。
      注: すべての Xbox 360 本体に、ハードディスクが付属しているわけではありません。
  1. ハードディスクの取り外しボタンを押します。
      1. ハードディスクを持ち上げて本体から取り外します。
  1. システム アップデートを保存した USB メモリーを本体の USB 端子に差し込みます。
  2. 本体の電源を入れます。本体のシステム アップデートが自動的に始まります。

解決策 2: ネットワークの設定を単純化する

ルーターに設定されているファイアーウォールによって、システム アップデートをダウンロードできない場合があります。ルーターにファイアーウォールが設定されている場合は、ネットワークの設定を一時的に単純化する必要があります。手順は次のとおりです。

  1. 本体の電源を切ります。
  2. ルーターからモデムを取り外します。標準の LAN ケーブルを使用して、本体をモデムに直接接続します。これで、ルーターのファイアーウォールを経由せずに、システム アップデートを実行することができます。(モデムには他の機器を接続しないようにします)。
  3. 本体の電源を入れます。
  4. 再びシステム アップデートをダウンロードします。
  5. 本体をモデムから取り外します。モデムをルーターに、本体をルーターに再接続します。

解決策 3: 交換を申し込む

以上の解決策で問題が解決しない場合は、本体を交換する必要があります。「Xbox 本体や Kinect センサーの交換を受ける」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox 360 のシステム アップデートを行う際に、状況コード xxxx-3080-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx が表示される" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する