このページを共有する

Xbox 360 本体の使用時に状況コード E32 が表示される

Xbox 360 本体の使用時に次のエラー メッセージと状況コードが表示されることがあります。

システム エラー: Xbox カスタマー サポートにお問い合わせください

状況コード E32

この状況コードとエラー メッセージが表示される場合、本体に問題がある可能性があります。

解決策

以下の手順を試してください。

  • Xbox 360 E 本体または Xbox 360 S 本体
Xbox 360 E 本体 Xbox 360 S 本体
Xbox 360 E 本体 Xbox 360 S 本体
  1. すべてのアクセサリーを取り外してもう一度接続します
  2. ハードディスクを取り外します
  3. USB メモリーをすべて取り外します。方法は次のとおりです。
    • Xbox 360 本体の電源を切ります。
    • 本体に接続されている USB メモリーをすべて取り外します。
    • 本体の電源を入れます。
    この手順で問題が解決した場合は、USB メモリーを再度取り付けた後に、USB メモリーが接続されている場合にだけエラーが発生することを確認します。エラーの発生が確認できた場合、別の USB メモリーを使用します。
  4. 本体の現在のシステム アップデートを元に戻した後に、新しいシステム アップデートを適用します。方法は次のとおりです。
    • コントローラーの Xbox ガイド ボタンを押します。[設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
    • [データ保存機器の管理] を選択します。
    • [メモリー ユニット] を強調表示します (選択はしません)。
    • コントローラーで、次のボタンを順番に押します。
      1. LB
      2. RB
      3. X ボタン
      これらのボタンがコントローラーのどこにあるかわからない場合は、「Xbox 360 コントローラー (有線およびワイヤレス)」を参照してください。
    • 手順 d を繰り返します。
    • 次のメッセージが表示された場合は、[はい] を選択します。

      システム アップデートの削除

      データ保存機器にシステム アップデートが保存されている場合、システム アップデートも削除されるため、Xbox Live をご利用いただけなくなります。利用できなくなった機能をもう一度使うには、Xbox Live にサインインしてみてください。自動的にシステム アップデートがダウンロードされ、サインインできるようになります。詳しくは、www.support.xbox.com/xbox-360/accessories/storage をご覧ください。

      削除が完了すると、Xbox 360 本体が再起動されます。続けますか?

    • Xbox 360 本体が再起動されます。最新のシステム アップデートを適用します
  • Xbox 360 (初期型) 本体
Xbox 360 (初期型) 本体
Xbox 360 (初期型) 本体

Xbox 360 (初期型) 本体をお使いの場合は、赤色のランプが点滅する場合の解決策の手順を試してください。点滅しているランプが 1 つの場合の解決策を試してください。

問題が解決しない場合は、Xbox カスタマー サポートにお問い合わせください。

交換または保証に関する質問については、「Xbox 360 の保証、登録、交換: よくある質問」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox 360 本体の使用時に状況コード E32 が表示される" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する