このページを共有する

ルーターの代わりに Windows PC を使用して Xbox 360 本体を Xbox Live に接続する

概要

ルーターを使用せずに Xbox 360 本体を Xbox Live に接続する場合は、本体を Windows PC に接続して、Windows PC のインターネット接続を共有します。

注: Point to Point プロトコル (PPP) を使用して PC をネットワークに接続している場合、Windows 8.1 では Windows のインターネット接続の共有を使用できない可能性があります。PPP 接続を使用する場合は、有線ルーターまたはワイヤレス ルーターを使用する必要があります。詳細については、Xbox Live に初めて接続する場合の解決策を参照してください。

ルーターを使用せずに Xbox Live に接続するには 2 つの方法があります。

ルーターを使用せずに Xbox Live に接続する

Windows のインターネット接続の共有を使用する

PC と Xbox 360 本体の間でインターネット接続を共有するために、Windows のインターネット接続の共有を使用できます。この場合、本体および PC の両方でインターネットに同時にアクセスできます。

インターネット接続の共有を使用するには、次のものが必要です。

  • 2 つのネットワーク アダプターを搭載する PC

注: 大半のノート PC には、有線接続用およびワイヤレス接続用の 2 つのネットワーク アダプターがあります。

  • 少なくとも 1 つのイーサネット接続を持つ USB モデム
  • Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8 (Windows 7 Starter Edition では、この機能はサポートされていません)
  • 高速インターネット接続
  • 標準の LAN ケーブル

Windows のインターネット接続の共有を設定する

以降の手順では、Windows 7 と Windows 8 の画面のイメージを示します。別途記載がない限り、Windows の以前のバージョンでも手順は同じです。

  1. [スタート] ボタンをクリックします。
  2. [プログラムとファイルの検索] ボックスに「ncpa.cpl」と入力した後に、Enter キーを押します。
    Windows XP を使用している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに「ncpa.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
Windows 7 Windows 8
Windows 7 の [プログラムとファイルの検索] ボックス Windows 8 の検索ボックス
  1. 共有するネットワーク接続を右クリックした後に、[プロパティ] をクリックします。PC と Xbox 360 本体の間のネットワーク接続ではなく、PC とモデムの間のネットワーク接続を共有する必要があります。
[ネットワーク接続] ウィンドウ。[ワイヤレス ネットワーク接続] が選択され、コンテキスト メニューが表示されています
  1. [共有] タブをクリックします。Windows XP を使用している場合は、[詳細設定] タブをクリックします。
[ワイヤレス ネットワーク接続] プロパティの [共有] タブ
  1. [ネットワークのほかのユーザーに、この PC のインターネット接続をとおしての接続を許可する] を選択した後に、[OK] をクリックします。

  2. ネットワーク接続の状態が「共有」に変わるまで待ちます。
[ネットワーク接続] ウィンドウ。[ワイヤレス ネットワーク接続] が選択され、ステータスとして [共有] が表示されています
  1. Web ブラウザーを起動した後に、インターネットへの接続を試します。インターネットに接続できない場合は、手順 3. でプライマリ インターネット接続を共有していることを確認します。
  2. PC のネットワーク端子に LAN ケーブルの一方のコネクターを接続します。LAN ケーブルのもう一方のコネクターを Xbox 360 本体の背面に接続します。
  3. Xbox 360 本体で、すべてのネットワーク設定が [自動] に設定されていることを確認します。
    手順は次のとおりです。
    注: ワイヤレス ネットワークに接続しているか、または PPPoE 設定を入力している場合には、後ほど入力が必要になることがあるので、設定をメモしておきます。

    1. コントローラーの Xbox ガイド ボタン  を押します。[設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
    2. [ネットワークの設定] を選択します。
    3. 確認メッセージが表示された後に、[有線ネットワーク] を選択します。
    4. [追加設定] タブをクリックします。
    5. [出荷時の設定に戻す] を選択します。

  4. Xbox Live の接続をテストします。テストを行うには、次の手順に従います。
    1. コントローラーの Xbox ガイド ボタン  を押します。[設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
    2. [ネットワークの設定] を選択します。
    3. 確認メッセージが表示された後に、[有線ネットワーク] を選択します。
    4. [Xbox Live 接続のテスト] を選択します。

インターネット接続の共有に関する問題解決

解決策 1: Windows のインターネット接続の共有が正しく設定されたことを確認する

[共有] タブが表示されないか、または Windows XP で [ネットワークのほかのユーザーに、この PC のインターネット接続をとおしての接続を許可する] オプションが表示されない場合、次のいずれかが当てはまります。

  • PC に 2 つのネットワーク アダプターが搭載されていない。この問題を解決するには、PC に 2 つめのネットワーク アダプターを取り付けるか、または既存のネットワーク アダプターが正しく機能していることを確認します。
  • 誤ったネットワーク接続を共有しようとしている。この問題を解決するには、前の手順 3. を繰り返した後、別のネットワーク接続を選択します。

解決策 2: 本体の IP 設定を手動で行う

次のいずれかのエラー メッセージが表示された場合は、以下の手順に従います。

ルーターまたはモデムから IP アドレスを取得できません

設定されている DNS サーバーに、Xbox Live サーバー名が見つかりません

  1. コントローラーの Xbox ガイド ボタン  を押します。[設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
  2. [ネットワークの設定] を選択します。
  3. 確認メッセージが表示された後に、[有線ネットワーク] を選択します。
  4. [ネットワークの設定] を選択します。
  5. [基本設定] タブで、[IP 設定] を選択します。
  6. [手動] を選択した後、[IP アドレス] を選択します。
  7. 192.168.0.2」を入力した後、[完了] を選択します。
  8. [サブネット マスク] を選択した後、「255.255.255.0」を入力して、[完了] を選択します。
  9. [ゲートウェイ] を選択します。「192.168.0.1」を入力した後に、[完了] を選択します。
  10. [基本設定] タブで、[DNS 設定] を選択します。
  11. [手動] を選択します。
  12. [優先 DNS サーバー] を選択します。
  13. 192.168.0.1」を入力した後に、[完了] を選択します。
  14. もう一度 [完了] を選択します。
  15. コントローラーの [B] ボタン  を押して、[Xbox Live 接続のテスト] を選択します。

    ブリッジ接続を作成する

    有線ネットワーク アダプターおよびワイヤレス ネットワーク アダプターの両方を搭載するノート PC を利用できる場合、そのノート PC を使用して Xbox 360 本体を Xbox Live に接続できます。この種の接続は、ブリッジ接続と呼ばれています.

    この接続は短時間で簡単に行うことができますが、ノート PC を Xbox 360 本体に接続した場合は、ノート PC でインターネットにアクセスできません。

    ブリッジ接続を使用するには、次のものが必要です。

    • 2 つのネットワーク アダプターを搭載する PC
    • Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8
      注: Windows 7 Starter Edition では、この機能はサポートされていません。
    • 高速インターネット接続
    • 標準の LAN ケーブル

    ブリッジ接続を設定する

    注: 以降の手順では、Windows 7 と Windows 8 のイメージを示します。別途記載がない限り、Microsoft Windows の以前のバージョンでも手順は同じです。

    1. [スタート] ボタンをクリックします。
    2. [プログラムとファイルの検索] ボックスに「ncpa.cpl」と入力した後に、Enter キーを押します。
      Windows XP: [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに「ncpa.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
    Windows 7 Windows 8
    Windows 7 の [プログラムとファイルの検索] ボックス Windows 8 の検索ボックス
    1. ブリッジする 2 つのネットワーク接続を選択します。こちらを行うには、第 1 のネットワーク接続をクリックした後、Ctrl キーを押した状態で第 2 のネットワーク接続をクリックします。
    [ネットワーク接続] ウィンドウ。[ワイヤレス ネットワーク接続] が選択されています
    1. 選択したネットワーク接続のいずれかを右クリックした後に、[ブリッジ接続] をクリックします。
    [ネットワーク接続] ウィンドウ。[ローカル ネットワーク接続] が選択され、コンテキスト メニューが表示されていますコンテキスト メニューで [ブリッジ接続] が選択されています。
    1. 新しい接続アイコンが表示されるまで待ちます。
      注: 新しいアイコンには、[ネットワーク ブリッジ] というラベルが付きます。このアイコンが表示された後に、新しい接続を使用できるようになります。
    [ネットワーク接続] ウィンドウ。[ネットワーク ブリッジ] が選択されています
    1. ポータブル PC のネットワーク端子に LAN ケーブルの一方のコネクターを接続します。LAN ケーブルのもう一方のコネクターを Xbox 360 本体の背面に接続します。

    2. Xbox 360 本体で、すべてのネットワーク設定が [自動] に設定されていることを確認します。
      手順は次のとおりです。

    3. 注: ワイヤレス ネットワークに接続しているか、または PPPoE 設定を入力している場合には、後ほど入力が必要になることがあるので、設定をメモしておきます。

      1. コントローラーの Xbox ガイド ボタン  を押します。[設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
      2. [ネットワークの設定] を選択します。
      3. 確認メッセージが表示された後に、[有線ネットワーク] を選択します。
      4. [追加設定] タブをクリックします。
      5. [出荷時の設定に戻す] を選択します。

      以上の操作を行うことで、ネットワークの設定が初期設定にリセットされます。この操作は、本体の他の設定には影響しません。
    4. Xbox Live の接続をテストします。手順は次のとおりです。

      1. コントローラーの Xbox ガイド ボタン  を押します。[設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
      2. [ネットワークの設定] を選択します。
      3. 確認メッセージが表示された後に、[有線ネットワーク] を選択します。
      4. [Xbox Live 接続のテスト] を選択します。

    この記事は役に立ちましたか?

    はい
    いいえ

    ご意見ありがとうございました

    フィードバックありがとうございます

    この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
    コミュニティーに相談
    Ambassador chat image
    アンバサダー チャット
    Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

    このページへのフィードバックを送信

    255 文字入力可能
    プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
    コミュニティーに相談
    Ambassador chat image
    アンバサダー チャット
    Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

    お問い合わせ

    ご覧になっていた "ルーターの代わりに Windows PC を使用して Xbox 360 本体を Xbox Live に接続する" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

    このページを共有する