このページを共有する

Xbox 360 本体をアップデートしようとすると状況コード xxxx-xxxx-xx8x-xxxx-8007-0461 が表示される

Xbox 360 本体にシステム アップデートをダウンロードしようとすると次の状況コードとエラー メッセージが表示される場合があります。

状況コード: xxxx-xxxx-xx8x-xxxx-8007-0461

アップデートできません。

注: "x" は状況コードに応じて変わります。

この場合、システム アップデートのダウンロードに失敗した可能性があります。

解決策

この問題を解決するには、以下の解決策を試してください。

解決策 1: システム アップデートを再ダウンロードする

  1. 本体を再起動します。
  2. コントローラーのガイド ボタン (中央の X ボタン) を押します。
  3. [設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
  4. [ネットワークの設定] を選択します。
  5. 確認メッセージが表示されたら、[有線ネットワーク] または使用しているワイヤレス ネットワーク名を選択します。
  6. [Xbox Live 接続のテスト] を選択します。
  7. 本体のシステム アップデートを行うかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。

解決策 2: Xbox Live 接続を確認する

Xbox Live への接続または接続の維持に問題がある場合は、「Xbox Live 接続の問題解決」を参照してください。

問題が解決しない場合は、次の解決策を試してください。

解決策 3: 十分な空き容量を確保する

最新のシステム アップデートには、256 MB 以上の空き容量が必要です。十分な空き容量がない場合は、不要なコンテンツを移動または削除する必要があります。詳細については、「Xbox のセーブ データ、プロフィール、およびアバター アイテムをコピー、移動、または削除する」を参照してください。

問題が解決しない場合は、次の解決策を試してください。

解決策 4: システムのキャッシュをクリアする

本体の一時ファイルを削除すると、問題を解決できる場合があります。「Xbox 360 のデータ保存機器の整備をする方法」の指示に従って、システム アップデートを再ダウンロードしてみてください。

問題が解決しない場合は、次の解決策を試してください。

解決策 5: データ保存機器を再度取り付ける

  • システム アップデートのダウンロードに問題があり、ハードディスクではなく Xbox 360 メモリー ユニットまたは USB メモリーを使用している場合は、メモリー ユニットまたは USB メモリーを取り外した後に、再度取り付けてみてください。
  • ハードディスクをお使いの場合は、ハードディスクを取り外した後に、再度取り付けてみてください。

データ保存機器を取り付け直した後に、システム アップデートを再ダウンロードしてみてください。

問題が解決しない場合は、次の解決策を試してください。

解決策 6: システム アップデートを USB メモリー、CD、または DVDにコピーするか書き込む

これまでの解決策で問題が解決しない場合は、本体のシステム アップデートを PC から USB メモリー、CD、または DVD にコピーした後、本体で実行してください。方法は次のとおりです。

USB メモリーにコピーする

注: USB メモリーでは、FAT32 ファイル システムを使用する必要があります。

  1. USB メモリーを PC の USB 端子に接続します。
  2. システム アップデートのファイルをダウンロードします
  3. [保存] をクリックした後に、本体のシステム アップデート用 .zip ファイルを PC に保存します。
  4. .zip ファイルを解凍します。
  5. .zip ファイルの内容を USB メモリーのルート ディレクトリ直下にコピーします。
  6. PC から USB メモリーを取り外します。
  7. USB メモリーを Xbox 360 本体の USB 端子に接続します。
  8. 本体を再起動します。
  9. 本体が再起動すると、更新プログラムが自動的に起動します。本体のソフトウェアのアップデートを行うかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。

CD または DVD に書き込む

PC にダウンロードしたシステム アップデートを CD または DVD に書き込んだ後、本体で実行することもできます。方法は次のとおりです。

  1. PC にシステム アップデートのファイルをダウンロードします
  2. [保存] をクリックした後に、本体のシステム アップデート用 .zip ファイルを PC に保存します。
  3. .zip ファイルを解凍します。
  4. 書き込み可能な空の CD または DVD を PC に挿入します。
  5. .zip ファイルの内容を CD または DVD のルート ディレクトリ直下にコピーした後に、ファイルをディスクに書き込みます。
  6. ファイルをディスクに書き込んだら、ディスクを PC から取り出した後に、Xbox 360 本体のディスク ドライブに挿入します。
  7. 本体を再起動します。
  8. 本体が再起動すると、更新プログラムが自動的に起動します。本体のソフトウェアのアップデートを行うかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。

システム アップデートを USB メモリー、CD、または DVD にコピーしてから、本体で実行しても C000-0001 などの状況コードが表示される場合は、Xbox カスタマー サポートにお問い合わせください

問題が解決しない場合は、Xbox カスタマー サポートにお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox 360 本体をアップデートしようとすると状況コード xxxx-xxxx-xx8x-xxxx-8007-0461 が表示される" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する