このページを共有する

Windows 10 で Xbox アプリのサーバー接続がブロックされている

オンラインでフレンドの声が聞こえない場合や、Xbox Live のマルチプレイヤー ゲームに参加またはホストできない場合は、Xbox アプリで [設定] > [ネットワーク] に移動して、[サーバー接続] を確認してください。

[ブロック] と表示される場合は、PC は Quality of Service (QoS) サーバーとの Teredo IPsec 接続を確立することができません。[NAT タイプ] の横に [Teredo アドレスが取得できません] とも表示される場合は、まずこの問題を解決するために、Teredo の問題解決ページを参照してください。その後、サーバー接続[ブロック] と表示されていないことを確認します。

QoS サーバーへの Teredo IPsec 接続を確立できない問題は、Windows ファイアウォールが無効の場合、セキュリティー ソフトウェアが Windows ファイアウォール構成を変更した場合、必要な Windows サービスが無効または停止している場合に発生する可能性があります。PC で Teredo IPsec 接続を確立できない場合、Xbox Live パーティー チャット サービスの利用や、マルチプレイヤー ゲームのプレイはできません。

注: Teredo IPsec 接続は、Xbox Live パーティー チャット機能とマルチプレイヤー機能を利用する場合のみ必要です。ゲームで Xbox Live サービスを使用しない場合、チャットとマルチプレイヤーの問題のヘルプについては、ゲームのサポート サイトを参照してください。

解決策

この問題を解決するには、以下の解決策を順番にお試しください。前の解決策で問題が解決しなかった場合のみ、次の解決策に進んでください。

解決策 1: インターネットに接続していることを確認する

  1. PC で Xbox アプリを起動します。
  2. [設定] > [ネットワーク] の順に選択します。
  3. [ネットワークの状態] で、[インターネット接続][接続済み] と表示されていることを確認します。

インターネットに接続していない場合は、他の問題解決の方法に進む前に、接続の問題を解決する必要があります。

解決策 2: Windows ファイアウォールが有効で、既定のポリシーがアクティブであることを確認する

Teredo IPsec 接続を確立するには、Windows ファイアウォールが必要です。追加のセキュリティー ソフトウェアとファイアウォールを使用している場合でも、ほとんどの場合、基礎として Windows ファイアウォールが使用されています。なんらかの理由で Windows ファイアウォールが無効になっている場合、Xbox Live パーティー チャットを使用し、マルチプレイヤー ゲームを行うには、Windows ファイアウォールを有効にする必要があります。

Windows ファイアウォールが有効であることを確認するには:

  1. ツールバー (Cortana) の検索フィールドに「Windows ファイアウォール」と入力します。
  2. 検索結果から、[Windows ファイアウォール] を選択します。
  3. ウィンドウの左側で [Windows ファイアウォールの有効化または無効化] をクリックします。
  4. ネットワークの種類 (公開、専用、ドメイン) で [Windows ファイアウォールを無効にする] が選択されている場合は、[Windows ファイアウォールを有効にする] を選択した後に、[OK] を選択します。

PC を再起動しなければならない場合があります。

Windows ファイアウォールの既定のポリシーが有効であることを確認するには:

  1. [スタート] アイコンを右クリックした後に、[コマンド プロンプト (管理者)] を選択します。
  2. 管理者コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

    netsh advfirewall show currentprofile

    次の出力が含まれる場合、既定のポリシーはアクティブです。

    Firewall Policy     BlockInbound,AllowOutbound

  3. 受信ポリシーが AllowInbound に設定されている場合、Teredo は他の PC や Xbox One 本体との IPsec 接続を確立することができません。ファイアウォールのポリシーを既定にリセットするには、管理者コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

    netsh advfirewall set currentprofile firewallpolicy blockinbound,allowoutbound

解決策 3: 以下のセキュリティー ソフトウェア プログラムのいずれかを使用していないか確認する

以下に記載されたセキュリティー ソフトウェア プログラムにより、PC で Teredo IPsec 接続が確立できなくなる場合があります。PC でこれらのセキュリティー ソフトウェア プログラムのいずれかを使用している場合は、ソフトウェアが最新バージョンにアップデートされていることを確認するか、プログラムのサポート文書を参照して、ソフトウェアで Teredo IPsec 接続を有効にする方法を確認してください。

解決策 4: Xbox Live のパーティー チャットとマルチプレイヤー ゲームに必要な Windows サービスが既定の値から変更されていないことを確認する

Windows 10 で Xbox Live のパーティー チャットとマルチプレイヤーを使用するには、4 つの主要なサービスが必要です。これらのサービスのいずれかが無効になっている場合は、これらを再び有効にする必要があります。

必要な Windows サービスが有効であることを確認するには:

  1. ツールバー (Cortana) の検索フィールドに「サービス」と入力します。
  2. 検索結果から、[サービス] を選択します。
  3. 次のサービスの [スタートアップの種類] が既定値に設定されていることを確認します。
サービス名 既定のスタートアップ設定
IKE and AuthIP IPsec Keying Modules 自動 (トリガー開始)
IP Helper 自動
Xbox Live Auth Manager 手動
Xbox Live Networking Service 手動

既定値が変更されたサービスがある場合は、既定値に戻すことができます。

  1. [サービス] アプリケーションで、変更されたサービスの名前をダブルクリックします。
  2. プロパティ ウィンドウで、[スタートアップの種類] ドロップダウン リストから既定値を選択します。
  3. [サービスの状態][開始] を選択します。
  4. [OK] を選択して、変更を保存します。

一部のアプリケーションでは、パフォーマンスを最適化するために PC の設定が再構成されます。そのプロセスの一環として Windows サービスを無効にするものもあり、その結果、上記の 4 つのサービスのいずれかに影響が出る場合があります。こうした PC 最適化アプリケーションを使用している場合は、Xbox Live のパーティー チャットやマルチプレイヤー ゲームを使用するためにこうした設定を元に戻さなければならない可能性があるため、サービスに加えられる変更をメモしてください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Windows 10 で Xbox アプリのサーバー接続がブロックされている" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する