このページを共有する

Xbox One SmartGlass アプリを使用して Xbox One 本体に接続する際に、状況コード 8000001e が表示される

Xbox One SmartGlass アプリが Xbox One 本体に接続する際に、次のエラー メッセージと状況コードが表示される場合があります。

8000001e

現在、本体に接続できません。

解決策

この問題を解決するには、以下の解決策をお試しください。

解決策 1: Xbox One SmartGlass アプリを再インストールする

  1. デバイスから Xbox One SmartGlass アプリを削除した後、もう一度インストールします。
  2. デバイスがホーム ワイヤレス ネットワークに接続していることを確認します。
  3. 本体の前面にある Xbox ボタンを約 10 秒間長押しして本体の電源を切ります。
  4. 本体の Xbox ボタンやコントローラーの Xbox ボタンを押して、本体の電源を入れます。

    注: 本体の再起動時に緑色の起動アニメーションが表示されない場合は、手順 3 と 4 を繰り返します。本体の電源が完全に切れるまで、電源ボタンを長押しします。

  5. デバイスから Xbox One SmartGlass アプリを開始した後、[接続] アイコンをタップします。

注: ゲームのプレイ後にこのエラーが表示される場合は、「ゲームのプレイ後、Xbox One SmartGlass で本体に接続できない」の手順をご覧ください。

解決策 2: デバイスが本体に接続していることを確認する

デバイスがホーム ワイヤレス ネットワークに接続していることを確認します。携帯電話やタブレットでは携帯データ ネットワーク経由で本体と通信することができますが、本体と同じワイヤレス ネットワークに接続すると、アプリを快適にご利用いただけます。

接続できない場合は、Xbox One 本体の IP アドレスを使用して接続します。

  1. Xbox ボタン を押して、ガイドを開きます。
  2. [設定] を選択した後、[すべての設定] を選択します。
  3. 本体の IP アドレスを表示するには、[ネットワーク][詳細設定] を選択します。
  4. デバイスの SmartGlass で、[接続] アイコンをタップした後、[IP アドレスを入力] をタップします。
  5. 表示された IP アドレスを入力した後、[接続] をタップします。

解決策 3: 同じ Microsoft アカウントを使用していることを確認する

SmartGlass で Xbox One 本体が見つからない場合、Xbox Live ゲーマータグに登録されている Microsoft アカウントが、SmartGlass へのサインインで使用するアカウントと同じであることを確認します。Xbox Live アカウントに登録されている Microsoft アカウントがわからない場合は、「アカウントを忘れた場合の解決策」や「パスワードを忘れた場合の解決策」を参照してください。

解決策 4: SmartGlass が Xbox One で有効になっていることを確認する

Xbox で SmartGlass を有効にする方法については、「Xbox One で SmartGlass を設定して使用する」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox One SmartGlass アプリを使用して Xbox One 本体に接続する際に、状況コード 8000001e が表示される" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する