Xbox One に誰もサインインしていない場合に、コンテンツ制限を使用する

ゲスト アカウントを設定した場合や、ゲスト キーを使用している場合は、サインインしたユーザーがいない Xbox One 本体でゲスト アカウントが表示および操作するコンテンツを制限することができます。この設定は、本体にサインインした大人の方のみ変更することができます。

次のセキュリティ設定を選択して、Xbox Live サービスに誰もサインインしていないときに、ゲストが使用できるゲームとアプリを管理することができます。

  • 不適切なコンテンツへのアクセスを防ぐ
  • 過激な描写のテレビを制限
  • 本体でアカウントを追加または作成する機能を制限

注: ゲストは、サインインが必要なゲームやアプリを使用することはできません。

ゲスト キー

Xbox One では、ゲスト キーを使用して、ゲスト アカウントの制限を解除することができます。ゲストが、ゲスト アカウントの設定で許可されているよりも高い年齢制限が設定されたゲームやアプリにアクセスする際に、本体でゲスト キーの入力が求められます。本体の所有者からゲスト キーを提供された場合は、ゲスト キーを入力することでこれらの利用制限を解除することができます。

ゲスト キーは次のような場合に役に立ちます。

  • お子様がサインアウトして、許可されていない年齢制限のコンテンツの使用を防ぎたい場合
  • ベビーシッターが年齢にふさわしくないゲームをお子様にプレイさせないようにしたい場合
  • ルームメートが許可なしに本体にサインインすることを防ぎたい場合

これらの制限を管理するには、 ゲスト キーを作成する必要があります。ゲスト キーは、本体で設定できる 6 桁のコードです。ゲスト キーの所有者だけが変更を加えることができます。

注: ゲスト キーは、Xbox One 本体でのみ、大人だけが管理することができます。

コンテンツとアプリへのアクセス権を付与する

ゲスト キーを作成した後、Xbox One 本体に誰もサインしていない場合に、表示可能なコンテンツに関するパラメーターを設定することができます。

  1. [システム] > [設定] > [システム] > [サインアウト時の本体利用制限] の順に選択します。
  2. [コンテンツへのアクセス] を選択します。
  3. [コンテンツとアプリへのアクセス] ドロップダウン メニューを開きます。下に移動して、ゲストに使用を許可する、年齢に応じたコンテンツの利用制限レベルを選択します。年齢に応じた区分は、国や地域によって異なります。それぞれの年齢のレベルで利用可能なコンテンツの説明は、画面の右側に表示されます。設定の完了後、 コントローラーの B ボタン を押します。

既定の設定では、本体に誰もサインインしていない場合に、新しいアカウントのダウンロードや作成を行うことができます。この機能を制限するには、次の手順に従います。

  1. [システム] > [設定] > [システム] > [サインアウト時の本体利用制限] の順に選択します。
  2. [コンテンツへのアクセス] を選択します。
  3. [ダウンロードと新しいアカウントの作成を許可] オプションが選択されていないことを確認します。

問題は解決しましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox One に誰もサインインしていない場合に、コンテンツ制限を使用する" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?