このページを共有する

Xbox 360 から Xbox Live への接続時に、状況コード 8015190E が表示される

Xbox Live への接続時に、次の状況コードとエラー メッセージが表示される場合があります。

シナリオ 1:

現在、Xbox Live プロフィールをダウンロードできません。
しばらくしてから、もう一度お試しください。
8015190E

シナリオ 2:

サインイン ステータスが変更されました

8015190E

これらのエラー メッセージは次のいずれかを意味します。

  • Xbox Live サービスで一時的な問題が発生している。
  • 不審な動作が検出されたため、Xbox Live アカウントが一時的にブロックされている。
  • Xbox 360 本体に保存されているプロフィールが破損している。
  • 別のプロフィールでサインインしている。

解決策

問題を解決するには、以下の解決策をお試しください。

解決策 1: Xbox Live サービスのステータスを確認する

警告が表示されている場合は、サービスの再開までお待ちいただき、もう一度お試しください。

Xbox Live の主なサービス: 正常に動作
2017-12-12T08:21:12.9354511+00:00

解決策 2: システムのキャッシュをクリアする

  1. コントローラーの Xbox ガイド ボタン  を押します。
  2. [設定] に移動した後、[システム設定] を選択します。
  3. [データ保存機器の管理] を選択します。
Xbox 360 本体の [システム設定] メニューで選択された [データ保存機器]。
  1. データ保存機器を選択した後に、コントローラーの [Y]  ボタンを押します (どのデータ保存機器を選択してもかまいません。すべてのデータ保存機器のキャッシュがクリアされます)。
  2. [データ保存機器の整備] を選択します。
Xbox 360 本体の [機器のオプション] メニューで選択された [データ保存機器の整備]。
  1. データ保存機器のメンテナンスを確認するメッセージが表示された後に、[はい] を選択します。
  2. Xbox 360 本体を再起動します。
  3. ルーターとモデムを使用している場合は、両方の機器から電源ケーブルを取り外します。1 分間待った後、もう一度接続して電源を入れます。

解決策 3: 本体の IP アドレスを変更する

変更するには、「Xbox 360 本体でワイヤレス ネットワーク設定を構成する方法」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ

ご意見ありがとうございました

フィードバックありがとうございます

この記事で解決できない場合は、次のコミュニティー オプションをお試しください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

このページへのフィードバックを送信

255 文字入力可能
プライバシー保護のため、フィードバックには個人情報を含めないようご注意ください。
コミュニティーに相談
Ambassador chat image
アンバサダー チャット
Xbox の仲間を手助けしたいと思っているユーザーと直接チャットします。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox 360 から Xbox Live への接続時に、状況コード 8015190E が表示される" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する