スキップしてメイン コンテンツへ
このページを共有する

Xbox One の拡張エラー報告

Xbox One の拡張エラー報告

拡張エラー報告に参加するかどうかを選択することができます。これらの報告は、Microsoft にとって、Xbox One で発生する可能性のある問題を解決するための最適な機会となります。

拡張エラー報告には、システムやアプリがクラッシュした際のメモリの状態が含まれる場合があります。これには、個人を特定できる情報が意図せず含まれる場合があります。

Windows をはじめとする Microsoft の製品やサービスと連携する製品およびサービスの問題解決を支援するために、Microsoft はエラー報告に含まれる一部の限られた情報をパートナー (OEM など) に提供します。この情報の用途は、製品とサービスの修復または改善に限定されます。

拡張エラー報告設定を管理する方法

本体の拡張エラー報告を管理する設定には、グローバルなデバイス設定とユーザーごとの設定の 2 つがあります。グローバルなデバイス設定を無効にすると、ユーザーごとの設定に関係なく、拡張エラー報告は行われません。既定ではグローバルなデバイス設定は有効です。

お使いの Xbox One に初めてサインインするとき、拡張エラー報告に参加するかどうかを選択することができます。これはユーザーごとの設定です。参加しないことを選択する場合は、使用状況や発生したエラー基づき Xbox One を修正および向上するために Microsoft に送信されるデータが少なくなります。

複数のユーザーがいつでも Xbox One 本体にサインインすることができます。本体にサインインしたユーザーが拡張エラー報告に参加しないことを選択した場合や、グローバルなデバイス設定を無効にした場合は、Microsoft はこの設定を尊重して拡張エラー報告は行われません。

拡張エラー報告のグローバルなデバイス設定を変更するには:

  1. [設定] > [システム] > [本体の情報] の順に移動します。
  2. [拡張エラー報告を許可する] のオプションを変更します。

個人の拡張エラー報告設定を変更するには:

  1. プロフィールにサインインします。
  2. [設定] > [アカウント] > [プライバシーとオンラインの安心設定] の順に選択します。
  3. [Xbox Live プライバシー] > [詳細を表示] > [データ収集] の順に選択します。
  4. [エラー報告を共有できます] 設定を変更します。

個人の拡張エラー報告は、現在の本体のみに適用されます。別の本体にサインインして、設定を変更する場合は、上記の手順を繰り返してください。

本体を Xbox Insider プログラムに登録している場合や、開発者プログラムに参加している場合は、これらの設定を無効にすることはできません。拡張エラー報告に参加しない場合は、プログラムから本体を登録解除する必要があります。

お問い合わせ

ご覧になっていた "Xbox One の拡張エラー報告" に関する問題、もしくは他の問題についてカスタマー サポートにお問い合せされますか?

このページを共有する